久しぶりの晴天、愛車に乗ってプチツーリング。

ところが、途中で奥様の愛車のヒートジャケットが暖かくならない。

良く見てみると、なんと断線しているではありませんか!

シリンダーヘッドに電源コードが当たり溶けて銅線があらわに。

正確に言うと、「皮膜がシリンダーヘッドの熱で溶融してショートしてしまい、ヒューズが飛んでしまった。」のです。

大元の原因は、「ずさんな配線」にあります。

コードを引っ張るとどんどん伸びてくるし、取り回しに工夫が無いので容易にヘッドに当たる。

ハーレーさん、もう「ひと手間」加えてライダーが困らない作業をお願いしますね。

インシュロックで配線を止めて、ヘッドの方へは行かないようにしたらいいだけです。

ウチのパラにはその様な加工はしないように気を付けます。

他人の振り見て我が振りなおせ。